2013年12月03日

定例研!!!





お元気様です!!
最近寒くて
冷え性と闘っている太陽です晴れ







自転車から降りるとき
そ〜っと降りないと
足がじ〜んてなるんですよ







手もかじかみすぎて
感覚がなくなりますからね







あとはすぐ冷えちゃうので
集中力がつづk...







〜閑話休題〜







それじゃあメンバー紹介を
していきたいと思います







今回紹介されるのは...







MARKさんです!!!







いえーい(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)ノどんどんぱふぱふ







では早速お便りを
見ていきましょう







夏威さんからのお便りです





「あるときは崖の上のポニョの
宗介くんそっくりの髪型に変身し、
またあるときはスポンジ・ボブ
そっくりの目玉を披露する、
綺麗な歌声でサークルに
愛の花咲かせるグローバル・コメディアン!
あと、ギター教えてほしい。」





宗助はともかく
スポンジ・ボブの真似は
衝撃でした(笑)







歌とギターすごく上手ですよね
自分も習いたいですが
いかんせん手が小さくて...(ToT)







続いてのお便りは
HOPEくんからです





「ギターや料理が上手くて、
多才な持ち主であり、
誉め上手な優しいお兄さんです。
話をする度に知恵深い方だなぁと
感じている日々です。
びっくりしたお顔がスポンジ・ボブに
そっくりです。
ボブチャンみたいです。」





確かに何でもできる
イメージがありますね(ノ´∀`*)







話するとすごく深いところまで
いくときあるよね







ボブチャン...







次は勇信さんからのお便りです





「弾ける笑顔☆
誰とも壁なく、明るく
接してくれるお兄さん!
なので一番最初にここで仲良くなったの
MARKだったなぁ(*^^*)
そして神様の気持ち、人の気持ちを
深く感じれる感性がある(^-^)/
MARKと同期で本当に良かったと思える男です」





MARKさんはほんとに
壁がないですからね
「初対面の人にそこまでしちゃうの!?」
ってびっくりしたときもありました







自分もMARKさんの後輩で
よかったです(*´∀`)







まだまだ続いて
Smilyさんからのお便りです





「笑い方が爽快!朗らか!」





確かに(。-`ω´-)







あっはっはっがここまで似合う方は
そうそういないと思います







次は永夢さんからのお便りです





「MARKさんは
優しく面白いお兄さん!
福岡弁が唯一出てるお兄さん!
歌が上手で心に響きます!」





真面目な雰囲気なのに
面白いネタをいっぱい持ってます







方言がナチュラル(?)で
とても似合ってますよね( ・∇・)







最後はイデアくんからのお便りです





「顔は日本人なのに
実はアメリカ生まれの
文武両道な人。
しかし、冬にもかかわらず
半袖でいる謎なところが
自分の好奇心をくすぐらせます。」





確かヒューストン生まれでしたっけ?
[↑うろ覚え(;´∀`)]
外国生まれってだけでも
英語がペラペラ喋れそうですね







謎が多くて面白い方だよね(*^^*)







という感じです






MARKさんのイメージはつきましたか?







おっとまたお便りが
届きました







なになに?(°▽°)





「MARKさんの印象

冬でも半袖の人で
身長が結構高くて
頼りになるカッコ良くて
オシャレなお兄さんです(≧∇≦)

もう感無量って感じですね
((´∀`*))

From:MARK」





・・・。







なんで自分で
お便り出してんですか!?
"o(*≧д≦)o"







確かに冬でも半袖ですし
確かに結構身長高いですし
確かに頼りになりますし
確かにカッコいいですし
確かにオシャレなお兄さん







で・す・け・ど







自分で言っちゃうのかよ!Σ(´□`;)







いろんな意味でこっちが
感無量ですよ(´-ω-`)








とまぁこんな感じの
冗談をぶちかましてくる方です







〜閑話休題〜







なんと先日、福大carpで
定例研が開催されました!








今回はサークルボックスで
集まりました








議題は
「日韓問題」「慰安婦問題」
についてでした







韓国併合から始まって
今なぜ慰安婦問題が取り上げられて
いるのかについて説明がありました








なかなかディープな内容もあり
重い雰囲気も流れましたが
その分みんな真剣に向き合うことが
できました







次に
「このまま日韓問題が
悪化したらどうなるか?」







「日韓問題を解決していくためには
どうすればいいのか?」







というテーマで
ディスカッションしていきました







いろいろな意見が挙がり
学びが多くありました







今回自分初めて定例研なるものに
参加したんですけど
すごく学びがあって良かったです







定例研を通して
世界に対しての
視野が少し広くなった
感じがします







準備してくれた
sonicくん、アレンくん、ボレーくんに
感謝です( ☆∀☆)







ではでは(・ω・)ノシ━━★

posted by earth at 12:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 定例研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

定例研vol.1&2


お元気様です^^
そしてお久しぶりです、夏威です。

後期はブログ担当としてよくわからない日記を連発していましたが
今期からは定例研担当としてやっていこうと思います

いわゆる福大カープのブレインとしてですね…、盛り上げていきたいなと思います
\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

そんななか早速第一回、第二回をしていきました

あ、ちなみに定例研とは月に1回、国や世界の諸問題に関して具体的に議論し、そして具体的にわたしたちはどのようにしていったらいいか考え、議論する場です
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

ゆくゆくは福大の教授の方をお招きしようと考えています
(@^^)/~~~

ではでは早速…第一回のようすです

IMG_0027[1].JPG

あ、ちなみに第一回は一年生がたくさん来てくれたので、
「福岡大学」をテーマに大学が目指す学生像、私たちが目指す学生像について行っていきました。

IMG_0033[1].JPG



IMG_0036[1].JPG



IMG_0045[1].JPG


3つぐらいのグループになり、そのなかで出た意見をみんなで話し合いました。

そして第2回はこれをテーマに話し合いました。

IMG_0113[1].JPG

自民党の教育実行再生計画による教科書問題の是正や大学入試におけるTOEFL導入の議論、「6・3・3」制の解体等、最近めまぐるしく動いている教育情勢を取り上げ、今ほんとうに必要な教育とは何なのかを議論していきました。


IMG_0128[1].JPG


IMG_0132[1].JPG


IMG_0112[1].JPG


普段活動でこういった話をなかなかしないのでみんな結構
難しそうふらふらな顔をしていましたが一生懸命議論していました


昔、大学の授業でも先生方から「最近の大学生は社会にほとんど関心がない」「新聞やニュースを全然観ない」等言われたり、嘆かれたりされていましたが、改めて自分もそうだなと強く感じさせられました
月に一回の定例研。サークルにきた1年生たちにいつも「僕たちは国や社会の役に立てる、活躍できる若者になります!!!」というサークルのビジョンを紹介しています。
「国」「世界」――――――――

これからもそういった大きなをもって行っていきたいと思います

(@^^)/~~~


あ、ちなみに第1回、第2回、場所は福大の図書館でさせていただきました。ビル


IMG_0030[1].JPG


ゆくゆくは大学の教授をお呼びできるように頑張って生きたいと思います
(^^)
ではでは〜






posted by earth at 10:34| Comment(11) | TrackBack(0) | 定例研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

後期初!!! 定例研開催

皆さん!季節も寒くなってまいりましたが

いつでも熱くて元気な福大CARPのMARKですexclamationexclamation

11月23日に定例研を開催しましたのでその報告をと思いまして・・・。

テーマは「共産主義」
ということで

参加人数は5人で学生だけでした。

流れとしては
共産主義を知ろうということで
2チームに分かれて
1チームは
共産主義の思想や目標とする世界について調べて
もう一つのチームは
実際に共産主義を実行してみてどうなったのか?ということを調べてもらい発表してもらいました。


こんな感じでした。
DSCF2752.JPGDSCF2752.JPG


みんな知的好奇心が旺盛で自ら主体的に発表してくれました。
開催している側としてとても進めやすかったです。

楽しそうにしていました。

DSCF2742.JPG

もう一つは、
実際に共産主義は成功するのか?しないのか?また、その理由を述べよ。

ということで考えてもらいました。
共産主義が成功しますとなったらとても面白いなと個人的に思っていたのですが見事にふたチームともできないという結論でした。

内容としては
自分が学んだことと感んたことを伝えていきたいなと思います。

僕は共産主義を学んでいく中でとても怖いなと感じました。

なぜかといいますと・・・

とても、理想とする世界に惹かれたからです。

やっぱり原理型の非原理世界なんだな。

共産主義は人間の本心を中心とした世界を書いてあって理想とする世界は何となく統一原理と似てるなと思いました。

とは言っても全く違いますが。


それと一緒にマルクスのことも勉強しました。

本当に悲惨な人生だなと感じさせられました。

なんでマルクスという一人の人間がここまで世界に影響を及ぼすことができるんだろうと不思議でたまりませんでしたが何となくわかった気がします。

共産主義の思想の中にマルクスの叫びが込められている、そう感じました。そういう一人からサタンも世界を動かしていくんだなと思います。

マルクスの「絶望者の祈り」を読んだときは背筋が凍るようでした。
本当に同情したくなりましたが

文先生がマルクスに対して

マルクスに同情してはならない、そのようなマルクスの祈りを聞かねばならなかった神の心情を訪ねてみなければならない。

という風に言われていました。

神様はどんな心情だったんだろうなぁ・・・・


かなり自分が感じたことを書いてしまいましたね。

正直、まず知ろう!
という段階でそんなに深められなかったなと思います。

しかし、面白かったし、とても学びになったなという思いがありました。

定例研はこれからは、月に一回はしたいなと思いますので
次の定例研の報告は報告らしいことをいえることができるように頑張りたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございましたexclamation×2






posted by earth at 00:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 定例研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする